ローヤルゼリーのサプリ選びガイド

プロポリスの手引き

ローヤルゼリーにはどんな種類があるの?

ローヤルゼリーは採取後の加工により、3つの種類に分けられています。
それぞれで保存方法なども違いますので注意してください。
生ローヤルゼリーは採集したままに加工をしない状態のものです。

一番効果が高いのですが、保存性が悪いのが難点です。
勿論、メーカーによって工夫はされていますがやはり長持ちはしません。
保存方法は冷蔵庫です。

すぐに使わない場合は冷凍庫保存は絶対に必須といってもいいでしょう。
乾燥ローヤルゼリーは生ローヤルゼリーに熱処理を加え、水分を蒸発させて粉末状にしているために、生ローヤルゼリーに比べて栄養素が減ってしまっているのが難点です。
そこで最近では真空状態に置いて水分を蒸発させる、という加工方法も取りいれられるようになっています。
購入する際にどういった乾燥方法がとられているのかということは、栄養素の問題において重要であるといってもいいので、よくお確かめください。

乾燥させることによって持ち運びも可能になり、気軽にサプリメントとして何処ででも飲むことができるようになっています。
調整ローヤルゼリーは100%ローヤルゼリーではありません。
調整ローヤルゼリーという名前であっても調整するのは味ではなく、美容と健康に対する成分です。

ただし他のものが配合されることによってローヤルゼリー自体が少なくなってしまうといってもいいでしょう。
生ローヤルゼリーや乾燥ローヤルゼリーに副原料や食品添加物を入れて、製造するのが調整ローヤルゼリーですので、その保存方法は元になっているローヤルゼリーに合わせるようにしてください。
100にプラスされるのではなく、100からマイナスになることによって他の美容や健康の栄養成分が配合されますので、自分にとってなにが必要なのかということを考えて選ぶようにしましょう。
ローヤルゼリーだけでも十分に美容と健康に対して効果はありますが、自分の目的に合わせて考えてみるのもよいでしょう。