ローヤルゼリーのサプリ選びガイド

プロポリスの手引き

ローヤルゼリーの原材料と加工方法は?

ローヤルゼリーの原材料はみつばちが作りだす分泌物です。
女王蜂だけが食べられるもので普段みつばちたちは「王台」と呼ばれる特別な場所に溜めていきます。
そこは女王蜂が生まれる場所でもあり、女王蜂は生まれる前からその中に卵ごといます。
人間はそこからローヤルゼリーをいただきます。

ローヤルゼリーが貯まるまでの時間は48~72時間なのでその時間内に採取したものです。
1つの王台で採取できるローヤルゼリーの量は約300mgと大変に少量でとても貴重です。
最近では人工王台と呼ばれる巣を作り、そこに女王蜂候補の代わりとなる幼虫を入れます。
すると働き蜂が新しい女王蜂のためにとローヤルゼリーを分泌して王台に集められ、それらを採取したものを原料とすることも多くなっています。

それを繰り返して集めるのですから、働き蜂も大変です。
しかしその価値は十分にあるほどに栄養分がたっぷりの乳白色でクリーム状のローヤルゼリーが出来上がります。
そのまま瓶に詰めれば生ローヤルゼリーが出来上がります。
また乾燥ローヤルゼリーにする場合は水分をなくさなければなりませんが、熱を加えることによって希少な栄養分が破壊されてしまいかねませんので、凍結させて真空中で水分を蒸発させてやることにより、凍結状態で乾燥されることによって、栄養成分を損なうことなく、保持することができる乾燥ローヤルゼリーが出来上がります。

これを瓶詰めにしたり、カプセルなどに入れたものがローヤルゼリーのサプリメントになるのです。
生のまま採取したローヤルゼリーや乾燥させたローヤルゼリーを別の栄養成分や添加物などを加えて製品化したもので、生ローヤルゼリーの使用量が全重量の6分の1以上を使ったものが、調整ローヤルゼリーと言われるものです。
カプセルに他の栄養成分と入ったサプリメントタイプに、ドリンクタイプなどがありますが、他に配合されている添加物がどういうものかをしっかり調べて購入しましょう。
美容と健康のために毎日飲む物でしたらいいものを選びたいものです。
また、ローヤルゼリー以外に女性に大人気のプラセンタhttp://xn--1cki4e8c6b5225b1yya.biz/safety.htmlもおすすめです。是非チェックしてみてください。