ローヤルゼリーのサプリ選びガイド

プロポリスの手引き

ローヤルゼリーで生き生きとした老後を

ローヤルゼリーには老化防止になる成分がたくさん含まれていると言われています。
ローヤルゼリーの主成分であるデセン酸は生体活動のすべてを司っている生命中枢と呼ばれる場所の活動を促進する作用を持つ唯一の物質とされています。
生命中枢で生きているか否かというほどですから、老化以前に生命を司っている器官といってもいいのかもしれません。

その活動を活性化させるのがデセン酸というのですからとても大切な栄養成分と言ってもいいでしょう。
類パロチンは人間が本来持っているパロチンの代わりを務められる物質です。
パロチンは加齢によって減少していく成分ですので、類パロチンが代わりを務めてくれるというわけです。
成長や発育、若さを保持し、老化防止に努めるなどといった貴重なホルモンで、若さを保つのに重要な役割を果たしてくれるのです。
ローヤルゼリーには良質なたんぱく質が豊富に含まれていますが、その中のひとつのアピシンには、細胞の増殖力を高める作用と、細胞の寿命を長くする作用があるとされているのも大きいでしょう。

またこうした肉体的な老化防止だけではなく、精神的な衰えもサポートしてくれます。
ローヤルゼリーのビタミンの一種であるアセチルコリンという成分は自律神経と関わりがあります。
ストレスを感じるとアドレナリンやノルアドレナリンなどといった興奮を促す情報伝達物質が放出されます。

それを緩和させるために必要なのがアセチルコリンなのです。
アセチルコリンによって興奮状態がなだめられることによって、精神的に落ち着くことができるようになります。
病は気からではありませんが、ストレスなどの精神的苦痛などからも病気になってしまうことがあります。
年をとってから病気になることは老いや思い込みも手伝ってなかなか良くならず、悪化させてしまうこともあります。
確かに老化は誰にでも訪れます。
しかし活動的に生活して、ストレスを感じない老後にすることで楽しく過ごせるようにしたいものです。