ローヤルゼリーのサプリ選びガイド

プロポリスの手引き

女王蜂がローヤルゼリーを食べている理由

女王蜂だけがローヤルゼリーを食べるわけは卵を産むからです。
何千匹という蜂が住んでいる巣であったとしても、女王蜂は1匹です。
つまりすべてがはじめのころは兄弟姉妹、後にはすべてが自分の子供になります。

女王蜂は誕生して他の女王蜂候補を殺した後に巣から出て交尾をします。
ちなみに巣には働き蜂とは違い、短い寿命で交尾のためだけに生きている雄がいます。
巣の大きさにもよりますが、女王蜂が新たに生まれるくらいに大きいのでしたら数千匹は入るでしょう。
しかしそのオスがローヤルゼリーを食べることはありません。

彼らが食べるのは働き蜂が取ってきたハチミツです。
子供を残すために短い寿命を生きているのです。
若いメスの働き蜂が女王蜂のために分泌する乳白色のクリーム状の物質がローヤルゼリーで口移しで食べさせます。
そうすることで女王蜂は卵を頻繁な時には毎日2000個近くの働き蜂になる卵を産みます。
蜂の巣には1匹の女王蜂にローヤルゼリーを与える若いメスの蜂、交尾のためにいるオスの蜂、働き蜂、子供蜂がいます。

子供蜂の世話も働き蜂がします。
女王蜂はひたすら卵を産むことだけが仕事です。
それが女王蜂の使命であり、次代に命を繋ぐためだけにローヤルゼリーを食べて産み続けます。
毎日2000個も産んだら働き蜂で溢れそうですが、ローヤルゼリーを食べている女王蜂の寿命は数年ですが、普通の蜂は数か月です。
つまり入れ替わるようになるのです。

勿論、増やしていって身を守ることが目的ですので、増えていっても問題ではありません。
あまりにも増えたら新しい女王蜂を誕生させて、別の地へと分かれるだけです。
ちなみに女王蜂の誕生の王座はローヤルゼリーで満たされており、最初に孵った蜂が女王蜂になります。
ですから女王蜂が誕生した後にする最初の仕事は女王蜂候補の抹殺なのです。
2匹が同時に孵ったらどちらかが死ぬまで戦うとも言われています。
女王蜂は1匹というのは決まっているのです。