ローヤルゼリーのサプリ選びガイド

プロポリスの手引き

過剰摂取した場合の副作用ってあるの?

ローヤルゼリーはみつばちが採取した自然食品です。
ただ花粉アレルギーや蜂アレルギーなどがある人にはあまりお勧めできるものではありません。
他の人は過剰に摂取しても問題がないと言ってもいいのですが、1日に人間が摂取できる量にも限界があります。

適量は1日に500mg~2000mgであると言われており、それ以上に摂っても身体の中に留めておくことができずに、全て体外に排出されてしまいます。
ローヤルゼリーは決して安いものではないだけにとてももったいないことになると言ってもいいでしょう。
さらに胃腸系が弱い人の場合はお腹を壊してしまうことがあります。
中毒反応として過剰摂取が原因で腹痛や下痢、吐き気などの症状が出る場合がありますので、摂りすぎには注意しましょう。

さらに注意が必要なのは喘息やアトピーといったアレルギー体質の人です。
ローヤルゼリーは蜂の分泌物でもあることから、アナフィラキシー反応を起こす危険があるのです。
アナフィラキシーショックとして「じんましん」「呼吸困難」「血圧低下」「下痢」「嘔吐」「不整脈」などの症状が起こることがあるでしょう。
自分にひどいアレルギーがある時には医師に相談して医師の指示に従うようにしてください。

またワルファリンというという薬を飲んでいる人は、ローヤルゼリーを併用すると、出血が止まりにくくなるなどの弊害が出る可能性がありますので、医師に相談した方がいいでしょう。
また副作用ではなく、ローヤルゼリーを摂るようになってから尿が濃い黄色になったという声が多くあるようですが、ビタミンB郡の影響によるものです。
そのためあまりに濃いということは多く摂りすぎたことによって多量に排出しているということかもしれません。
確かに多く摂ることで効果が上がるものもあります。
しかしものには適量というものがあり、特にローヤルゼリーの場合には顕著に表れますので、毎日摂り続けるということを大切にしましょう。