ローヤルゼリーのサプリ選びガイド

プロポリスの手引き

高品質なローヤルゼリーの産地とは?

実はローヤルゼリーのほとんどが輸入品というのが現状なのです。
残念ながら日本国内の養蜂においては、十分な量のローヤルゼリーが確保できない状態なのです。
ローヤルゼリーに必要なのはみつばちが集める新鮮で綺麗な花がある自然です。

しかし日本ではそのような場所が限られています。
みつばちがどこで集めてくるのかが分からない以上は農薬散布などをしているような場所に行かない様に囲いをするほどで、自然にみつばちが集めるものが安心できるものではないのが現状です。
その点、外国は豊かな自然がそのままのところが多くあるためにローヤルゼリーも豊富に摂れます。

現在、日本がもっとも輸入に頼っているのは中国産ですが、少し前から環境問題などは大きな問題になってきています。
ローヤルゼリーにとって汚染は大変な問題といえます。
そのために最近、注目されているのは台湾産のローヤルゼリーです。
台湾は国土的には日本と大差がないように思われますが、1年を通しての温暖な気候や自然豊かな点とローヤルゼリーの衛生管理も徹底しているために、高品質のローヤルゼリーが日本よりも低価格で提供されています。

それはローヤルゼリーは台湾ではたくさん捕れるものであるからであり、品質に問題はありません。
しかも台湾と日本は距離が近いこともあり、新鮮なうちにローヤルゼリーが輸入できるというのも大きいでしょう。
タイやオーストラリア、ニュージーランドといった国からもローヤルゼリーが輸入されていますが、数も少ない上に輸入されるまでに時間を必要としてしまいますので、高品質であっても鮮度が落ちてしまうというのが問題になります。
ローヤルゼリーは摂った時から劣化が始まる生ものですので、やはり良いものでも日数がかかってしまえば品質は落ちてしまいます。
そうなると国内のものが一番いいともされますが、国産のものは全体の5%ほどとされるほどで、その分高価なものになってしまっているのです。