ローヤルゼリーのサプリ選びガイド

プロポリスの手引き

同じミツバチなのに、プロポリスとは何が違うの?

みつばちはみつばちでもプロポリスを作るのはセイヨウミツバチだけです。
ブラジルにおいては気候の厳しさにセイヨウミツバチはついていけませんでした。
駄目かと思われたのですが現地の蜂と交配して新種の獰猛なセイヨウミツバチが誕生していたのですから、驚きです。

女王蜂だけがローヤルゼリーを食べて、卵を産み続けることを使命にしていることといい、蜂の生命力の素晴らしさがあります。
プロポリスはそもそも食べ物ではありません。
セイヨウミツバチだけが習慣にしている巣を守るための補修液です。
セイヨウミツバチが樹液や花粉などといったものを集め、唾液と混ぜ合わせて巣を細菌や雨から守ります。
セイヨウミツバチの巣はバクテリアすら住めないほどの清潔さを保っており、例え侵入者が入ってきても中でミイラになるほどに協力に守られています。

しかしそれをものともしないのが人間です。
みつばちですら食べないものを健康食品として飲みます。
ローヤルゼリーはまだ女王蜂が食べるものですが、プロポリスは巣の補強材です。
プロポリスは「天然の抗生物質」と言われるように、特に抗炎症作用があります。
口内炎から、胃炎、抗がん作用にいたるまで、幅広い抗炎症作用に効果があると言われています。

特に風邪をまったくひかなくなるともされ、喉に違和感を感じたらプロポリスを舐めると治まるとまで言われています。
ただし舐めるのはそのまま生のものがいいのですが、ヤニの味がきつく、美味しくはありません。
ローヤルゼリーも花粉で作られているために味はいまいちですがこちらはサプリメントとして摂取しても生との効果は変わらないというのは大きな違いです。

プロポリスは口の中や喉の傷や炎症には生がお勧めなために、飲むのには様々な工夫がされます。
ただし問題がなくなればサプリメントに切り替えた方がいいでしょう。
ローヤルゼリーは美と健康に、プロポリスは天然の抗生物質というように同じ蜂から分泌されているものなのに全く違う効果のものを生み出します。